九州一のゆずの生産量をほこる “柚子町そお”(鹿児島県曽於市)で生まれたゆずの美味しい仲間たち。

もぎたての新鮮なゆずを使った多彩な商品で、全国の家庭の食卓を“ゆずいろ”に彩りたい。

そんな思いを込めて、産地・そおからお届けします。

ゆず香るキャンプ飯

柚子町そおについて

素晴らしい自然と観光資源に恵まれた柚子町そお(鹿児島県曽於市)は、九州でも有数の柚子産地。

そのはじまりは、全町民に配られた1本の苗木からでした。

そおの柚子について

曽於に住む高齢者の生きがいづくりとして始まった「そおの柚子」。

農家の方々が丁寧にひとつひとつ愛情込めて育てた自慢の柚子はわが子も同然。「育てるのが楽しいので花が咲いたころが一番うれしく、実をつけるのも嬉しいが、収穫が終わってしまうことを思うと寂しい」。そう語るのは柚子の栽培歴30年以上の西留さん。

柚子商品

柚子彩(ゆずいろ)について

もぎたて新鮮なそおの柚子を使って手作りしている柚子彩の商品たち。

試作品は全員で味見を行い、女性の意見を多く取り入れたり、料理好きのスタッフがアレンジレシピを考案しながら商品開発を行っています。

ゆずのいろいろ。

ゆずのいろいろ。

いつもの暮らしに、ほんの少し「ゆず」を足すだけで、毎日をもっとハッピーに。

ゆずと暮らすまち “柚子町そお” から、日常を彩る “いろいろ” なアイデアをお届けします。