鏡開き☆ゆずを使ってひと味違うお餅アレンジ『甘味&おかず』

お正月気分もひと段落、飾っていた鏡餅を槌(つち)で「ひらく」鏡開きの時期になりました。
鏡餅は年神様の依り代(よりしろ)となるもの。年神様がいらっしゃる、1月1日~7日の「松の内」が明けた時期に鏡開きは行われます。
鏡開きの日付は基本的に1月11日。関西など、一部地域では1月15日か20日に行われることもあるようです。
開いたお餅は欠片まで残さずに食べましょう。

できるだけ飽きずに早めに食べきりたい…そんな時にお役立ち!柚子彩アイテムを使った、ゆずと共に楽しむアレンジ餅レシピをご紹介します。
余りがちのお餅を大量消費したい時も、ぜひお試しください♪

★王道のあんこ餅に、ゆずの爽やかで高貴な風味が加わり、上品な和菓子に大変身。パリッとお餅を割りながらお召し上がりください。
<ゆずあんこ餅>


材料
・餅…1個
・あんこ…お好みの量
・ゆずマーマレード/ゆずジャム/ゆず茶など…お好みの量

1.餅をフライパンやトースターで膨らむまで焼く。
2.餅にあんことゆずマーマレード(ゆずジャム、ゆず茶でもOK)を載せて、できあがり。
※お餅が温かいうちにどうぞ。

★お餅レシピは甘いものが多くなりがちですが、ごはんのおかずにもなる甘辛お餅もどうぞ。
<ゆずみそ餅>

材料(小さめの餅4つ分)
・小さめの餅…4個
・ゆずみそ…大さじ1
・砂糖…大さじ1/2
・酒…大さじ1/2
・鶏ひき肉…50g
・万能ねぎ…少々
・白ごま…適量

1.ひき肉を炒める。肉に火が通ったら砂糖、酒、ゆずみそを加えて混ぜ合わせ、軽く煮詰めて水分を飛ばす。(レンジ調理もOK!)
2.耐熱容器に重ならないように餅を入れて、餅がかぶるくらいの水を加え、ラップをせずに温めるだけ。600Wで1分~1分30秒が目安。
3.2の餅に1の肉ダレをかけ、ねぎやごまを散らせば完成。

ゆずみそは、焼き餅にのっけるだけでもおいしいですが、少しアレンジするだけで立派なおかずになります♪この肉みそも作り置きして冷凍保存しておけば、大根や豆腐などとも相性ばっちりですし、炒め物に入れてもおいしいですよ!

皆様のアレンジ餅レシピもぜひ教えてください♪
お問合せ、またはフェイスブックのコメントからお願いしますm(_ _)m
>>柚子彩お問合せフォームはこちら<<
>>柚子彩公式Facebookページはこちら<<

商品の購入はこちらから!
【ゆずマーマレード】
【ゆずジャム】
【ゆず茶】
【ゆずみそ】

前の記事

新年のご挨拶